その他

  • 小田倉哲治氏は、繊維会社の社長として活躍しています

    小田倉哲治は学歴こそありませんが、今や4人の子供を育て上げ、大会社の社長となって活躍している人です。社員の皆から尊敬され、頼りにされている頼もしい社長です。小田倉哲治は小さい頃は体があまり丈夫な方ではなく、小学校もあまり通えずに自宅と病院の往復のような生活を送っていました。中学に…

  • 花岡篤司とゴルフ

    花岡篤司は、ゴルフインストラクターとして、様々な仕事に従事しています。この仕事は誰でもできる訳ではありません。プロとして通用する、専用の試験があります。この試験に合格するために、彼は猛練習を重ねて来ました。自分のフォームの訂正と、科学的な見地からの検証、具体的で分かりやすい説明な…

  • ワインと神谷優太

    ワインバルでは、お酒と食事が提供されます。神谷優太の店では、テーブルワインが提供されます。ワインの世界は奥が深く、常に研鑽が必要です。彼はいつもワインのことを考えており、より美味しくワインを楽しむ秘訣を考案しては、自分の舌で確かめています。少しでも自分に問題点があると思えば、彼は…

  • 芝幸太郎さんがいかにゲームが好きなのかをご紹介

    子供のころからゲーム好きで、ファミリーコンピューターからプレイステーション4まで殆どのゲーム機を所持しています。ゲームのイベントにも毎年参加していて、外国のゲームショウにも、行ったことがあるほどだそうです。芝幸太郎さんはまだ20代なので、ゲームを始めた頃は、プレイステーションやセ…

  • 戸江達哉の思う、サーブの上手な決め方とは?

    テニスのサーブは、プレイの中でも唯一自分から打つことができるショットです。自分のターンで試合の流れを進めることができるため、サーブは打ち方がとても重要です。サーブで特に大切なのは、グリップの形状と身体の使い方だと戸江達哉は考えます。グリップは、薄いグリップでなければ上手くサーブを…

  • 会社の上司である長船雅樹さんは

    私の上司である長船雅樹さんは、仕事で私がミスをしたときにしっかりと注意をしつつも、優しく叱ってくれ、そのミスを挽回できるよう行動をサポートしてくれる上司です。よく、職場にダメな上司っていますよね。ミスする私が悪いとは思いますが、前の職場では、ネチネチと失敗をイヤミのように言ってき…

  • システムエンジニアとして活躍中の庭野仁司

    庭野仁司は、中学時代に購入したパソコンにのめり込んだ事がきっかけで、今でもパソコンに携わる職に就いています。プログラマーやパソコンの修理などにも興味がありましたが、体力的な事も考え、システムエンジニアとして働くようになりました。庭野仁司が所属する会社は、複数の企業のシステムの構築…

  • 北澤篤史による大学受験のポイントについて

    北澤篤史は大学受験についてのスペシャリストであり、これまでにさまざまな生徒を指導してきた経験があります。そんな北澤篤史の考える大学受験のポイントについていくつか紹介しましょう。現在は大学進学率が5割を超えている時代であり、多くの生徒が将来は大学へ進学しようと考えています。日本には…

  • 池田高雄は優秀な営業マン

    池田高雄は営業マンとして長年仕事を続けている方です。営業の仕事はその会社の商品やサービスを売り込むためにとても重要な役割を果たしているため、責任はとても大きいです。営業マンがきちんと仕事をしなければ、その会社の業績に大きな影響を与えてしまうでしょう。そのような重い責任のある仕事を…

  • 倫理研究所と丸山敏雄

    倫理研究所は生涯学習を推進している民間の社会教育団体です。1945(昭和20年)に丸山敏雄により創立されました。2013年(平成25年)には一般社団法人として内閣府の許可を受けています。講演会やセミナーなどによる啓蒙活動のほか、文化芸術に関する活動、環境美化活動も積極的に行ってい…

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る