記事の詳細

東理ホールディングスの主力産業が、アルミダイカスト事業です。アルミダイカスト事業は高圧鋳造のことで、海外の方が進歩した技術といわれています。東理ホールディングスの前身である東京理化工業所はその技術をいち早く貪欲に吸収し、国内でいち早く実用化しています。

アルミダイカストで製品を作った場合、削り出し作業などと比較するとかかる手間をかなり省略できます。そして大量生産もできますし、一つ一つを高精度な製品で仕上げられるだけの能力を持っています。このため、高品質の商品を低価格で提供できます。

製造者側だけでなく、消費者側も低価格でいい商品を購入できるという恩恵を受けられるわけです。このため、東京理化工業所はさまざまなシーンで需要があります。そのことも東理ホールディングスの株価を安定させている要因の一つです。

東理ホールディングス
http://kabu-sokuhou.com/brand/item/code___5856/

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る