記事の詳細

柯 康仙は両親からの影響でクラシックをよく聴いています。幼いころから、家庭のなかでクラシックが流れていたので柯 康仙にとってクラシックを聴くことは当たり前になっていたのです。これは大人になってからも変わらず、仕事に疲れた時の癒しの時間となっています。

幼いころは両親がクラシックを聴いていたので、レコードなどで聴いていたのですが現在はCDやストリーミングで聴いています。どちらにもメリットがあり、柯 康仙はその時の状況によって使い分けています。クラシックの雰囲気を味わうのであれば、レコードがおすすめです。やはり、アナログレコードは所有欲を満たしてくれるとともに、レコードに針を落とし音楽が流れる瞬間は他にない魅力があります。その音がレコードの溝に刻まれていることもとてもロマンを感じるでしょう。レコードのジャケットもその時代を感じることができるため、他のメディアにない魅力です。いわゆる紙ジャケなのですが、その質感に触れることで、そのレコードがこれまでに辿ってきた歴史を感じることができるのです。

もちろんCDにも魅力やメリットがあります。やはり大きさがコンパクトになりましたし、音質もよいです。レコードに比べてもノイズが少なく、より集中して音楽鑑賞することができます。また、入手しやすいという点もレコードにはないメリットです。レコードのなかにはプレミア化しているものもあり、なかなか手に入れることができないものもあります。一方CDであれば、レコードに比べても入手しやすくレンタルショップに置いてあることがあります。それをパソコンに取り込んで聞くということも、柯 康仙は行っています。

また最近では、ストリーミングでクラシックを聴くということも柯 康仙は行っています。ストリーミングとは、インターネットを通して音楽を聴くという方法でありスマートフォンがあれば場所を問わず、聴くことができるためとても便利です。柯 康仙はこれまで、外でクラシックを聴くときはCDプレイヤーを持ち歩いていたのですが、その必要がなくなりました。ストリーミング再生は音質が劣ると言われたこともあったのですが、そのようなこともなくクラシック鑑賞を楽しめています。

もちろん、時間があるときは生演奏を聴きにいくこともあります。やはり臨場感や迫力が異なり、観るという楽しみもあります。クラシック鑑賞をすると、心が穏やかな気持ちになり、日々の疲れやストレスを解消できる点が魅力なのだと彼は言います。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る