記事の詳細

運送業で働く浦壁伸周は、毎日のように仕事を入れて頑張っています。青森出身の彼は、地元で生まれ育ち、地元の大学を卒業してそのまま地元で働いている青年なのです。浦壁伸周の場合は正社員ではないため、フリーターとしての位置となっていますが、それでも真面目に仕事をきっちりこなしています。それが、彼の魅力とも言えるのではないでしょうか。常に真面目に仕事と向き合っているからこそ年々任される仕事も増えてきて、その仕事にも真摯に対応しているため社内での信頼も大きいです。その真面目な性格もあって、職場では信頼されている人物とも言えるでしょう。すでに年齢も重ねてきたということもあって、彼はよりフリーターとしてはもちろん、運送業の仕事を真面目にこなしていくのではないでしょうか。運送業の仕事は簡単ではないですが、彼の場合は実直にその仕事をこなしています。そこには、彼が頑張る理由もあるのです。

もともと彼は旅行が好きで、暇とお金さえあれば旅立つのが好きな人だと言えます。だからこそ、浦壁伸周はしっかり働いて、お金を貯めては暇を作って旅行しているのです。旅行先は国内もあれば海外もあり、1週間ほど仕事を休んで楽しむということも多いです。もちろん、休みを取得するためにフリーターをやっているという点もあるのかもしれません。比較的シフトが自由になっている昨今、休みたい時に休めるフリーターであれば、彼の趣味も謳歌できるということです。それもあって、彼はこの仕事を長く続けているのかもしれません。運送業の仕事では、常に真面目に働き、体力もヘトヘトになりながらも、その業務をこなしています。そういう姿勢もあることで、休みをもらう時も反感を買うことは少ないのでしょう。それこそが、浦壁伸周の人物像とも言えるかもしれません。

好きなことを追求するために、フリーターをする方は増えています。浦壁伸周もその中の1人と言えるかもしれません。自分の好きなことをしないと、生きている意味がないと浦壁伸周は考えているようです。それは、生きていくために必要なひとつの考え方だと言えるでしょう。色々と彼はこれからも運送業のバイトをしながら、好きなことを追求していくのではないでしょうか。今後の彼がどのように人生を楽しんでいくのか、その点に注目しておきたいところです。青年から大人の男性になっていく過程で、その経験は必ず活きてくると言えるのではないでしょうか。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る