記事の詳細

明成物流株式会社が取り組んでいる主な業務は輸送業とリサイクルです。輸送では北は青森から南は九州にまで網羅した輸送体系を駆使して、デリケートな商品や壊れやすい製品も利用者のニーズに合わせて運送を行っています。リサイクルでは、地球環境のことを考えて少しでも地球保全のためになるように、リサイクルや中間処理事業に携わっているのです。
その中で明成物流株式会社が目指しているのは、総合ロジスティクスです。では、総合ロジスティックについて見ていきましょう。

◆他社がロジスティクスを諦めた理由とは
ロジスティクスとは、大まかに言うと物流を企業が合理化するための手段のことを指しています。ただし、会社によってロジスティクスに対しての考え方は誤差があります。生産に関することや、原材料や需要なども含め総合的にとらえる場合もあります。ロジスティクスの定義は、会社によって考え方の違いがあることを理解しておきましょう。
ロジスティクスを総合的に行うのであれば、工場や倉庫が必要になってきます。出来た製品を買い手から指定された場所に収めるためには、工場で出来た製品を倉庫に保管する必要があります。そのため工場や倉庫が必要になってきますが、企業によっては倉庫を確保できないところもあるでしょう。ですから、会社によっては総合的なロジスティクスを諦めなければならないという事態になるのです。

◆ロジスティクスとはどのような意味合いを持っているのか
明成物流株式会社は、総合的なロジスティクスを目指して業務を行っています。総合的なロジスティクスとは、物流だけではなく商品や原材料、物資や商品などの移動に関することも含まれると考えるといいでしょう。
市場が必要としている数を供給活動で生み出すことができれば、在庫数を多く抱えすぎることなく極力少なくすることができると考えられますから、無駄を省くことができます。タイミングを合わせて在庫をもつことで、効率的な経営が出来るようになるのです。このように最適な物流の構築が出来上がれば、無駄を省いたスリムで効率の良い会社経営を行っていくことができると考えられています。
もちろん輸送においては、お客様のニーズに合わせた最適な輸送方法を選択することで、物流の効率化を図っていきたいと明成物流株式会社は考えています。

◆本格的な倉庫業を始めている明成物流株式会社
明成物流株式会社は、物流を総合的なロジスティクスで行っていくためには製品を保管しておくための倉庫が必要という考え方があります。倉庫があってこそ、総合的なロジスティクスが成り立っていくとも考えているのです。明成物流株式会社は会社としてもっと存在感を示し、もっと大きくなっていくためにも本格的な倉庫業を始めていく必要性があると考えていたのです。
その結果、出来上がった倉庫が行田営業所です。行田営業所は埼玉県の行田市にあります。2010年には行田営業所の倉庫が倉庫業登録の許可をもらっています。この倉庫はかなり広く、敷地面積が37,000平方メートルもあります。これだけの規模の倉庫があることで、明成物流株式会社は行田営業所の倉庫が倉庫業としての中心的な存在になっていくと考えているのです。

◆最適な輸送を選択することで利用者のニーズに最大限応える
明成物流株式会社では、お客さまにとっての最適な輸送を行うことが重要であると考えています。そのために輸送における車両は一つのタイプだけではなく、多種多様に揃えています。一般的な貨物を輸送するのに使う車両もあれば、産業廃棄物を運搬するのに最適な車両もあります。また、プラスティックなどの製品を輸送するのに最適な車両、デリケートな製品を運搬するのに向いている車両、少ない荷物を運ぶときの軽車両など、色々なタイプのものが揃っています。
利用者から預かっている製品を大切に運ぶためには、その製品に合った車両を使うことが重要であると明成物流株式会社では考えているのです。お客様のニーズは一つではなく多種多様にあるので、車両もそれに合わせていろいろなものを取り揃えて対応をしています。

◆まとめ
明成物流株式会社は、物流を総合的なロジスティクスで行っていくことを念頭に置いて、倉庫がなければならないと感じて埼玉県行田市に行田営業所を作り、そこを倉庫業の中心を営む拠点としたのです。2010年には、行田営業所の倉庫が倉庫業登録の許可をもらいました。この倉庫は非常に広く、敷地面積が37,000平方メートルもありますから、行田営業所の倉庫が倉庫業としての中心的な存在になっていくと考えているのです。
総合的なロジスティクスを行ううえで、お客様のニーズに応えることも重要であると考えています。明成物流株式会社では、お客さまにとって最適な輸送を行うことが重要であると考えているために、輸送における車両は一つのタイプだけではなく多種多様に揃えています。デリケートな製品を運搬するのに合っている車両、少ない荷物を運ぶときの軽車両など、色々なタイプのものが揃っています。お客様から預かっている製品を大切に運ぶためには、その製品に合った車両を使うことが重要なのです。

明成物流株式会社
http://www.meisei-butsuryuu.com/

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る